不動産投資を一棟まるまる投資する秘策を伝授

メンズ

老後のための不動産へ投資

積み木とお金

金利が低いことも良い条件

今、不動産投資を行なう人が、多くなっています。未曾有の低金利であることから、お金を借りて何かに投資をしやすい条件にもなっています。また寿命が長くなったことから、定年退職をした人が老後の生活費の足しを考え、投資をするようになっています。その投資先が、一棟のアパート経営です。退職金にプラスする方法として、安い金利を利用して不足分の融資を受けることで、質の良い一棟のアパートを建てることが可能になります。立地条件、家賃などの設定を間違いない限り、安定した収入を期待することが出来る訳ですから、誰もが望む不動産投資となるのでしょう。また、素人が経営することで、不備が出ることを考え、不動産業者等に一括借り上げなどと言った方法も取られる時代になり、安心経営が出来るようになりました。

実物が残る投資

不動産投資としての一棟建てのアパート経営の特徴として、不動産投資となることから実物が残る良さがあります。株、FXなどへの投資となると、損失を出した時には完全に無になってしまいます。ですがアパート経営の場合、古くなった時でも土地と言う資産が残ることになり、価値がゼロとなる心配はありません。更に相続する場合においても、評価額は、時価でなく路線価などから算出されることから、税金の額を少なくすることも可能です。また、アパート建設で金融機関から融資を受けることになると考えられますが、この時団体信用生命保険に入ることになります。もし契約者が死亡した場合などは、保険が適用されることになり、残債は保険金で返済されることになります。そのため残された家族は、無借金の一棟アパート経営が可能になります。

オフィス

組織もノウハウも

多くの企業では事業拡大に向けて企業買収が頻繁に行なわれているのです。このとき、不動産を所有したままにして譲渡を行なうことを不動産M&Aといいます。これを活用することで買主も売主も得をします。